....


fuckyeahfluiddynamics:

This surrealistic timelapse doesn’t show an ocean in the sky. These are undulatus asperatus clouds rolling over Lincoln, Nebraska. Also known simply as asperatus, this cloud formation has been proposed as but not yet recognized as a distinctive cloud type. Their speed is much slower than shown in the animation, but the wave-like motion is accurate and is the source of the cloud’s name, which comes from the Latin word aspero, meaning to make rough. Though they appear stormy, asperatus clouds do not usually produce storms. They form under conditions similar to those of mammatus clouds, but wind shear at the cloud level causes the undulations to form. (Maybe some Kelvin-Helmholtz instabilities going on there?) You can check many more images of asperatus clouds at the Cloud Appreciation Society’s gallery. (Image credit: A. Schueth, source video; submitted by leftcoastjunkies)

fuckyeahfluiddynamics:

This surrealistic timelapse doesn’t show an ocean in the sky. These are undulatus asperatus clouds rolling over Lincoln, Nebraska. Also known simply as asperatus, this cloud formation has been proposed as but not yet recognized as a distinctive cloud type. Their speed is much slower than shown in the animation, but the wave-like motion is accurate and is the source of the cloud’s name, which comes from the Latin word aspero, meaning to make rough. Though they appear stormy, asperatus clouds do not usually produce storms. They form under conditions similar to those of mammatus clouds, but wind shear at the cloud level causes the undulations to form. (Maybe some Kelvin-Helmholtz instabilities going on there?) You can check many more images of asperatus clouds at the Cloud Appreciation Society’s gallery. (Image credit: A. Schueth, source video; submitted by leftcoastjunkies)

(via scishow)

— 5 days ago with 2239 notes
ayearofsun:

#mexico #azteca #maya #mayan #england #london #britishmuseum #jade (Taken with Instagram at British Museum)

ayearofsun:

#mexico #azteca #maya #mayan #england #london #britishmuseum #jade (Taken with Instagram at British Museum)

(via fuckyeahmexico)

— 2 weeks ago with 492 notes

cherubcharabia:

guy:

THE REACTION FACES ARE WHAT I LIVE FOR

and we come full circle

(via guy)

— 2 weeks ago with 530181 notes

When you’re old, all you want to do is stare at the scenery. (Howl’s Moving Castle, 2004)

(Source: spooktwelve, via pau-pau-not-frutsi)

— 3 weeks ago with 2439 notes

mars-maggie:

artmonia:

Julie Dillon - Freelance illustrator living and working in Northern California.

All I can think of are these books we would ‘read’ in kindergarten which just consisted of blank pages with artwork and you’d make the story up yourself. Each of these feel like that—a story waiting to be told.

(via elincursor)

— 3 weeks ago with 57430 notes
ch624:

地球の周りをキモい軌道でグルグル回っていた不思議な物体「J002E3」の動きが一発で分かるGIFアニメ | ロケットニュース24
今から11年前の2002年、ひとりのアマチュア天文学者が宇宙に漂う不思議な物体を発見した。その物体は地球周回軌道上に存在しており、「な、なんと! 月以外に地球の周りを回る物体があったなんて……!」と研究者たちはビックリ仰天したという。
この未知なる物体は「J002E3」と名付けられ、しばらくは隕石や小惑星だと思われていたが、やがて意外な事実が発覚する。「こ、これは……人工的な物体だ……ッ!!」と。今回は、そんな J002E3 の動きが一発で分かるGIFアニメをご紹介したい。 ・月よりも地球に接近していた
金星の方向から地球に向かって突っ込んできた J002E3。月の軌道もぶっちぎり、月よりも地球に近い位置をグルリとカーブ。その後も、楕円の軌道で月と地球の間を自由気ままに周回し、やがて再び金星方向に飛び去っている。 ・正体は40年以上も前に行方不明になっていたモノだった
一体全体、J002E3 とは何だったのか。調査の結果、その正体は1969年に打ち上げられたアポロ12号で使われた「サターンVロケット」の第3段ステージ「S-IVB」であることが判明した。そう、宇宙での役目を終えてから行方不明になっていたロケットの一部が、40年の時を経て地球の近くに帰ってきていたのである!
ちなみに「J002E3」こと、自由気ままに宇宙を放浪するフーテンの「S-IVB」は、2032年頃に再び地球周回軌道上に帰ってくる可能性があるらしい。そのときは「おかえりなさい!」と心のなかで言ってあげよう。

ch624:

地球の周りをキモい軌道でグルグル回っていた不思議な物体「J002E3」の動きが一発で分かるGIFアニメ | ロケットニュース24

今から11年前の2002年、ひとりのアマチュア天文学者が宇宙に漂う不思議な物体を発見した。その物体は地球周回軌道上に存在しており、「な、なんと! 月以外に地球の周りを回る物体があったなんて……!」と研究者たちはビックリ仰天したという。

この未知なる物体は「J002E3」と名付けられ、しばらくは隕石や小惑星だと思われていたが、やがて意外な事実が発覚する。「こ、これは……人工的な物体だ……ッ!!」と。今回は、そんな J002E3 の動きが一発で分かるGIFアニメをご紹介したい。
・月よりも地球に接近していた

金星の方向から地球に向かって突っ込んできた J002E3。月の軌道もぶっちぎり、月よりも地球に近い位置をグルリとカーブ。その後も、楕円の軌道で月と地球の間を自由気ままに周回し、やがて再び金星方向に飛び去っている。
・正体は40年以上も前に行方不明になっていたモノだった

一体全体、J002E3 とは何だったのか。調査の結果、その正体は1969年に打ち上げられたアポロ12号で使われた「サターンVロケット」の第3段ステージ「S-IVB」であることが判明した。そう、宇宙での役目を終えてから行方不明になっていたロケットの一部が、40年の時を経て地球の近くに帰ってきていたのである!

ちなみに「J002E3」こと、自由気ままに宇宙を放浪するフーテンの「S-IVB」は、2032年頃に再び地球周回軌道上に帰ってくる可能性があるらしい。そのときは「おかえりなさい!」と心のなかで言ってあげよう。

(via oieouio)

— 3 weeks ago with 1542 notes
pixalry:

Destiny Minimalist Poster - Created by Chad Gersky
Available for sale on Society6.

pixalry:

Destiny Minimalist Poster - Created by Chad Gersky

Available for sale on Society6.

(via swas)

— 3 weeks ago with 1483 notes